movies-sannigo's blog

アラカン女sannigo(さんご)の映画鑑賞の日々を綴っています

『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』は、人気のブログ記事を映画化したもの

こんにちはsannigo(さんご)です。

今回紹介する映画は『劇場版ァイナルファンタジーXIV 光のお父さん』です。

 

『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』は、人気のブログ記事を映画化したもの[写真AC]

 

  

『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』は、人気のブログ記事を映画化したもの

 

この映画はみなさんよくご存知かと思いますが、オンラインゲームの「ファイナルファンタジー」アニメの劇場版ではありません。そして実写版でもありません。さらに言うと「攻略動画」でもないのです。

 

「それなら何なんだよ?」という方へ、これはブログで人気のあったハートウォーミングな記事を映画化したものです。

 

もうちょっと言うと、会社を辞めてなんとなくドンヨリしている父親。単身赴任していた父との親子関係は疎遠で、父のことはよくわからないと思っていた息子がいます。

 

父親のことをもっと知りたいと思い、子供時代に一緒にやったことのあるオンラインゲーム『ファイナルファンタジーXIV』 を息子は父親にプレゼントしてみました。

 

ゲーム内で、息子ということを隠して父親と一緒にゲームをプレイすることで、親子の絆を取り戻していく日々をつづった人気ブログを映画化したのが、この『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』です。

 

WOWOWで放送していたのですが、題名を見ただけじゃ「これってなんぞや?」って感じできっとゲーム関連のアニメか実写版かな?と思って暇にまかせてみたところ、けっこう心が和らいでやさしい映画だったので、今回はこの紹介してみます。

 

たとえば「うちも親父のことがよくわからなくてさぁ。なんとか親父の考えてることとか知りたいわけ。ちょっとは楽しい思い出作ってやりたいじゃん。」なんて人にはうってつけの映画では?

 

では、さっそく『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』を見たわたしの勝手な感想を書いていきます。

 

まずは映画.comの解説からどうぞ!

 

『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』

 

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

 

映画.comの評価

 

☆4.2

 

解説

息子である事を隠し、ゲーム好きの父親とオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」をプレイする日々をつづり、ドラマや書籍にもなった人気ブログを坂口健太郎&吉田鋼太郎の主演で映画化。

 

仕事一筋だった父が、ある日突然会社を辞めて家に帰ってきた。

 

1日中ぼんやりとテレビを見ている父の姿を母と妹は遠巻きにながめていたが、何を考えているのかまったくわからなかった父の本音が知りたい欲求にかられたアキオは、オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」の世界に父を導き、自分は正体を隠し、父とともにゲーム世界で冒険に出ることを思いつく。

 

顔も本当の名前も知らないゲームの仲間たちに励まされながら、父と冒険を続ける中で、アキオは家族もこれまで知ることのなかった父の意外な一面を知ることとなる。

 

主人公の父子を坂口と吉田が演じるほか、佐久間由衣、山本舞香、佐藤隆太、財前直見らが脇を固める。

 

2019年製作/114分/日本
配給:ギャガ

引用元:劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん : 作品情報 - 映画.com

 

スタッフ

 

監督(実写パート)

野口照夫

監督(ゲームパート)

山本清史

原作

マイディー

脚本

吹原幸太

音楽

森英治

主題歌

GLAY

 

キャスト

 

岩本アキオ:坂口健太郎

岩本暁:  吉田鋼太郎

井出里美: 佐久間由衣

岩本美樹: 山本舞香

前原滉賢: 介前原滉

片岡:   今泉佑唯

      野々村はなの

中島秀隆: 和田正人

三原健一郎:山田純大

吉井晋太郎:佐藤隆太

岩本由紀子:財前直見

マイディー(声): 南條愛乃

あるちゃん(声): 寿美菜子

きりんちゃん(声):悠木碧

 

私の勝手なあらすじ

 

わたしの勝手な評価

 

 

☆4.0

 

勝手なあらすじと感想

 

広告代理店に勤めているアキオ(坂口健太郎)が、この映画の主人公であり原作と言えるブログを運営されている方です。

 

このアキオさんのお父さんが吉田鋼太郎演じる暁さん。

 

お父さんの暁さんは、アキオが小さいときからずっと単身赴任だったため、アキオは父親とは親子のコミュニケーションがあまりなかったとずっと思っていました。

 

アキオが小さかったまだ子供の頃も、父親は典型的な仕事人間でいつも出張ばかりだし、たまに家にいても黙ってテレビを見ているような人。

 

なんとなく親子の情がつながらないまま大人になってしまったアキオはこの人が死んでも泣けるかな?と思うほど。

 

ところが、そんな父親が突然会社を辞めて、家へ戻って来てしまったのです。お父さんはやっぱり何があって仕事を辞めたのか?なども家族に話そうとしません。

 

そんな父親に対しては、明るいことが取り柄のような母親(財前直見)も妹も(山本舞香)もアキオも「腫れ物に触るような感じで接しています。

 

こいつはいかん。少しでも父親のことを知らなくてはいけないと感じたアキオは、今自分がプレイしているオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」に 父を誘って息子だという正体を隠して一緒にゲーム内で冒険へ出る計画を立てます。

 

なぜなら、あまり一緒に遊んだ記憶もない父親だったけど、唯一「ファイナルファンタジーIII」が流行っていたころにゲーム内で一緒に遊んだ記憶が残っていたから。

 

ちゃんと遊んでくれてるのに、人間って小さい時の記憶ってあまり残らないのが残念です。

 

もしおむつを替えたり、ちょこまか動き回るアキオに必死でついて回って危険を回避してくれたこと。さらにさかのぼって、生まれた瞬間にどれほど父親が喜んだかとか。

 

覚えていたら、きっとどこの家庭の親子ももっと仲良く思いやれる気がするんだけど、まあこれは仕方ないことです。

 

 

ゲームと言えば、ゲームとか全くやらないわたしが思い出すのは嵐のニノさん。ニノさんもあるテレビ番組で「親友は?」と聞かれ、「ゲーム仲間です。」と答えていたことがあります。

 

アキオも顔も本名も知らないけど、本音で語り合えるゲーム仲間たちに協力してもらって、父親と他人のふりをしてゲームで一緒に冒険へ出るという計画を実行にうつしていきます。

 

退職祝いに父親にゲームソフトをプレゼントするところからこのやさしい物語は始まったと言えるかも。

 

父親は、なんだかノリノリで自分の“光の戦士”に、“インディ・ジョーンズ”と名前をつけて、アキオの思った通りゲームを始めます。

 

アキオは、父親に気付かれないように離れてゲームしなくちゃいけないのでいつも自分の部屋での参加。名前は“マイディー”です。

 

あの坂口くんがちょっとためらいながら思い切って父親の“インディ”にフレンド申請してからの父親の超社交的でフレンドリーな姿にびっくり仰天。

 

あげくの果てに、アキオが一緒に父親をだまして!とお願いした仲間たちと一緒に戦っているうちに、父親は一人で冒険するより皆さんと一緒の方がずっと楽しいです!というほどにオンラインゲームにのめり込んでいきます。

 

急に仕事が忙しくなって、ゲームになかなかログインできなかったアキオが久々にログインすると、そこにはあきらかにゲーマーな父親がはしゃいでゲームを楽しむ姿を見つけます。

 

 

さらに息子と父親はゲームでの名前で協力しながら強敵を倒しつつ、息子の相談事にものるほどお互いの距離が縮まります。まあゲーム内ではありますし、父親は息子と気づいていませんが。

 

ただ、そこで父親がくれたアドバイスは的確で、アキオの仕事を獲得する助けにもなりました。

 

ゲーム内での仲間たちと父親とアキオは、「もっと感動する」ために最強の敵へのチャレンジを決めます。

 

アキオはこの勝負に勝ったら、自分の正体を明かすと決めていたのですが・・・。その後はご覧になってください。

 

勝手な感想

 

「ファイナルファンタジー」が何たるものか、全く知らない私でも楽しめた映画です。

 

ゲームをするからどうのこうのというよりも、人はゲームをすることで救われることがあるんだなと知った映画です。

 

なにしろゲームなんて高校時代に「インベーダーゲーム」が流行り、今は「テトリス」か「ブロック崩し」ぐらいしかやらないアラ還なので、ゲームについては何も語れませんが。

 

仕事を辞めて返ってきたお父さんは何だかドンヨリしていて、家族から見たらそりゃ心配になるよねってレベルでへこたれている感じです。

 

息子は仕事をやめた理由さえも話してくれないおとうさんのことを知ろうと、子供の頃に一緒に遊んだゲーム「ファイナルファンタジーXIV」をプレゼントします。

 

渋々始めたゲームだったけど、ちょっとノッてきてコンプリートするとやり遂げた風に麦茶を飲むインディ(お父さん役の吉田鋼太郎)がいい感じです。

 

一緒にゲームするうちにお父さんの仕事の話も聞けて、自分の仕事に活かすことが出来、大きな仕事を成功させます。

 

お父さんがドンヨリしていた理由は、仕事を離れても自分が生きる意味があるのか悩み、生きる意味を見失い暗闇の中で苦悩していたんですね。

 

ところがお父さん、ゲームをしたことで穏やかな気持を取り戻し、世の中にはまだまだ楽しいことや、いろんな居場所があることを確信します。

 

息子から持ちかけられたゲーム内の最強の敵にも挑戦し、結局勝つことができて、病気と戦う勇気を持てます。


そして、感動のラストへ


この映画の中の口下手で不器用なお父さん。昭和の時代のお父さんはみんなそうでした。というか、我が家の父もそうでした。

 

もう他界してしまいましたが、もう少し時代がちがったらゲームでつながることもできたのかな?と思います。いやいや、あんな頑固親父では無理だったか!

 

ちょっとしゃべりにくくて、何を考えているのかわからない頑固親父をお持ちの方は、この映画をご覧になることをおすすめします。

 

あなたがお父さんのことをもっと知りたいと感じているなら、何かを一緒に始めれば、今のお父さんよりもっとステキなお父さんに出会えるかもしれませんね。

 

「ゲームっていいもんなんですね。二宮さん(嵐の中で一番ゲーム好き)」って誰か伝えてもらえますか?

 

Amazon Prime Video で見れます

 

Amazon Prime Videoって何?

 

レンタル配信作品を含めると70,000作品以上のラインナップ。

 

Amazonプライムビデオのレンタル価格は作品にもよりますが安くて100円からレンタルすることが可能です。

 

また誤って作品をレンタルしてしまってもキャンセルの手続きを行えば、きちんと返金されます。

 

安心してレンタルサービスを利用することができるのでおすすめです。

(返金にかかる日数は3~5日営業以内)。

 

 \Prime video30日間無料体験はコチラ/

 

※本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況はそれぞれの配信サイトにてご確認ください。

 

>>関連記事

www.sannigo.work

www.sannigo.work

www.sannigo.work

www.sannigo.work

 

まとめ

 

『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』このお題を聞いただけだと、

これってオンラインゲームの攻略動画なの?ファイナルファンタジーのアニメなの?

って、なんだかよくわからないな。と思いながらも暇にまかせて見てみました。

 

結果、ハートウォーミングで心が和らぐ、優しい映画でした。

 

梅雨でお出かけできないお家時間をコーヒーでも飲みながら、構えることなくゆっくりご覧になると梅雨のイライラも和らぐかも?です。  


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
では、またです。